行動パターンを分析しましょう

ビジネス男性01

無駄な行動が多い、衝動的な行動が多いことはお金持ちと貧乏人の行動パターンでも、貧困を抱える人によくみられることです。

これは収入が平均よりも多いからといって、必ずしも預貯金や目に見えない資産が大きいかといえば、そうではないことが問題です。

このような行動に走る人は、周囲に信頼がなく、これまで培ってきた人脈や知識もないため、一度状況が悪化したら、それを脱却する力がありません。

さらに状況が悪くなってしまう一方で、ただ時間だけが浪費されることになってしまいます。

逆にある程度、経済的に豊かな人は、選択の範囲が広がるので、自らの優位を拡大することが選択肢の中に含まれます。そのように、実に大きなハンディキャップがあるので、どちらを選択しているのか、ということを定期的に自分で見直すことが望ましいといえるでしょう。

状況を軽視していると、決して問題が解決しないままになってしまうので、冷静に自らを見直すようにしなければなりません。

そうすれば自らがどちらの行動をより多く選択しているのか、ということをすぐに発見することができるようになります。

無駄な行動は決して何も利益を生まないので、そのことを知った上で、冷静に対処していかなければならないといえます。

コメント